おすすめ商品

Jackeryポータブル電源は害時の停電対策に!おすすめポイントを紹介

Jackeryポータブル電源

コロナ禍が追い風となってがぜん注目されているレジャーと言えばアウトドア。

そんな中、キャンプや車中泊をより便利にしてくれるということで広がりを見せている商品のひとつに「ポータブル電源」があります。

キャンプだけに限らず災害時の停電対策などその利便性が話題ですね。

今回は、キャンプにはあまり興味のない私も持っているポータブル電源のについてあれこれまとめてみました!

ポータブル電源とは

ポータブル電源って何?から入る初心者さんにも「モバイルバッテリーの大容量版」とお伝えするとイメージしやすいでしょうか。

スマホ充電に代表されるモバイルバッテリーはUSB出力しかありませんが、ポータブル電源はいわば建物内の電源をそのまま持ち歩く感覚のもの。

ポータブル電源に充電さえしておけば、屋外でもコンセントを差し込むだけで電化製品が使えます。

なので、キャンプ好きには欠かせないポータブル電源。

MOKO
MOKO
キャンプをしない私には必要ないもの…と思っていました!

でも、キャンプには興味のない私ですが、今回は災害時の対策としてJackeryポータブル電源を購入しました!

携帯の充電はもちろん、電源本体の容量次第では小型の冷蔵庫やIH製品にまでも利用できるんです。

キャンプだけじゃない!災害時に役立つポータブル電源

ポータブル電源が活躍する場でまず思いつくものといえばアウトドアのレジャーシーンですよね。

飯ごうでごはんを炊いたり炭火で調理するのもキャンプの醍醐味ですが、準備や後片付けに手間がかかって結構大変。

その点、ポータブル電源が手元にあれば炊飯器や家電製品が使えるので、浮いた時間に他の遊びが楽しめます。

また、車中泊の場合にも暑い日には扇風機を、寒い日には電気毛布が使えますし、液晶テレビを見ることだってできますよね。

MOKO
MOKO
ですが、重要な使い道がもうひとつ。

ポータブル電源が活躍するのはなにもレジャーシーンばかりではないんです。

災害やトラブルによる停電の際や、自宅を離れて避難を余儀なくされた場合にもポータブル電源があればかなり心強いです。

ポータブル電源は自動車のシガーソケットやソーラーパネルからの充電も可能なので非常時にも慌てなくて済みます。

近年、国内では大規模災害が相次いでいることもあり避難用品のひとつとしてポータブル電源を準備しているご家庭も増えているようです。

最近の電力不足のニュースも気になりますから、ポータブル電源を何か1つ備えておくことはとても重要かもしれませんね!

ポータブル電源Jackeryのおすすめポイント

ポータブル電源の中でも圧倒的に支持されているのがアメリカでポータブルバッテリーメーカーNO.1企業の「Jackery(ジャクリ)」です。

今回、私が購入したJackeryについてまとめてみました。

Jackeryが支持されるポイント

他社製品では上限500Whほどの容量がJackeryでは超大容量2160Whまで可能なモデルも充実。

MOKO
MOKO
6種類の容量から選べる!

家族構成や使用頻度などシーンに合わせて6種類の容量から選べるのはJackeryのみ。

  • 日本仕様の100V/正弦波を採用
  • 日本での一般的な電化製品の電圧は家庭の仕様に合わせて100V

また、家庭内のAC電源の波形は正弦波です。

Jackeryはこの日本基準に揃えて作られているため、身近な電化製品はほぼ利用可能

他の海外製品では仕様の違うものも存在し、使用不可または故障の原因になることもありますよね。

  • ソーラーパネル/シガーソケットでの充電可能
  • ソーラーパネル(別売)およびシガーソケットでの充電が可能なため屋外でも心配いらず
  • 超高速充電の高性能
  • 大容量1002Whタイプでも充電時間は7~7.5時間で完了するという、他社に類を見ない充電時間の速さ。
MOKO
MOKO
公式サイトで購入すれば1年延長の保証プランが無償の3年保証!

安心して購入出来ますし送料無料です。

ソーラーパネルとのセット購入したい方も公式サイトからがおすすめ。

Jackeryの選定ポイント

Jackeryは、どの容量を選ぶのかは迷うところです。

6種類ある容量からあなたに合ったタイプはどれになるでしょう?

以下の目安や特徴を参考に選んでみてくださいね。

Jackery240

価格:21,800円(税込)

MOKO
MOKO
とりあえず必要最低限の電源を備えておきたい方はこちらがおすすめ!
  • スマホ・タブレット・電子タバコなどの充電がメインのライトユーザー
  • スマートフォンを約14回フル充電が可能
  • 液晶テレビが約3時使用可能
  • 低価格・軽量・コンパクト
  • 冷却ファンの音は気づかないほど静か

Jackery400

価格:49,300円(税込)

MOKO
MOKO
防災時の緊急電源として1~2日程度使用したい方は400がおすすめ
  • Jackery240とほぼ同じ重さで容量は2倍!
  • スマートフォンを約40回フル充電が可能
  • 液晶テレビが約10時間、電気毛布が約10時間使用可能
  • Jackery240の2倍程度の価格になるが使い勝手を考えるとコチラがおすすめ
  • Jackery240同様ファンの音は小さい

Jackery708

価格:84,500円(税込)

MOKO
MOKO
災害時に2~3日は使用できる電源をお探しなら700がおすすめ
  • 大家族のキャンプや防災を想定するならこのランク
  • USB・ACアダプタが下位機種より各1つ多い
  • 災害時の緊急電源として2~3日程度使用できる
  • スマホなら40回充電可能
  • 消費電力が1000W以内の電化製品の家電が利用可能
  • 静寂地では冷却ファンの音が少し気になる程度

Jackery1000

価格:139,800円(税込)

MOKO
MOKO
災害時の緊急電源として2~4日程度使用できて電化製品も色々使いたい方用!
  • 6.5キロとかなり重くなるので持ち運びには不向き(車の積み下ろし程度なら女性でも大丈夫)
  • 大人数が同時に使える出力端子数
  • 炊飯器、ドライヤー、電気ケトル、オーブントースター、電子レンジ、ヒーター消費電力が1000W以内の電化製品を使用できる
  • 目的が防災メインならおすすめタイプ
  • 冷却ファンの音は大き目

Jackery1500

価格:179,800円(税込み)

MOKO
MOKO
災害時の緊急電源として3~6日程度使える頼もしい電源なら1500!
  • ホットプレート、ファンヒータードライヤーにも対応
  • 炊飯器、電気ケトルはもちろん電子レンジなど1800W以内の電化製品も使えます!
  • ノートパソコンやスマホやタブレットも急速充電OK
  • 重量は16Kgとかなり重め

Jackery2000

価格:285,000円(税込)

キャンプ上級者や最高クラスをお探しなら2000
  • Jackery最高クラスの2160Whの大容量
  • 大人数でのキャンプや連泊キャンプ、車中泊に加えて、災害時にも便利
  • 家電が複数同時に使える
  • ほぼすべての家電を動かすことができる

まとめ

キャンプだけでなく災害時にもあると安心なポータブル電源。

季節の良い時期にはテレワークの場をベランダに移してパソコンやモバイルのバッテリーを気にせずに気持ちよく仕事に打ち込んだりなど使い道も工夫次第。

あなたの生活にまたひとつ彩りを加えてみませんか?