ライフスタイル

誕生日をひとりで過ごすって幸せ!最高の1日にする方法とは

誕生日 ひとり 幸せ 過ごし方

あなたは直近のお誕生日を誰と過ごしましたか?

お友達とでしょうか?

家族でしょうか?

恋人とふたりきりだったでしょうか?

それともひとりぼっちでしたか?

今回はオトナ女子がひとりで過ごす誕生日について考察していきます。

ひとりって本当は最高の贅沢なんですよ!

誕生日をひとりで過ごすって幸せ!

SNSが当たり前の近年では嫌でも他人の幸せな様子を目にする機会が多いですよね。

ちょっと心が弱っている時にはモヤモヤした気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

特に誕生日のこととなると、

「どうしてあの人だけがみんなに祝ってもらえるの?」

「私にはお祝いのメッセージすら来ないなんて・・・」

「私の誕生日を夫も子供たちも忘れてしまっているなんてひどい!」

「このまま私は恋人もできず一人で生きていくんだろうか・・・」

などなど負の思いが溢れ出してきた経験って誰にでも一度はあるんじゃないでしょうか?

もし今度迎えるあなたの誕生日がひとりで過ごす1日になりそうで今から不安や孤独を感じていたとするなら、ここはひとつ思考を切り替えてみませんか?

誕生日を誰にも依存せず、最高の1日になるよう自分でプロデュースしてみてはどうでしょう?

自分プロデュースのお誕生日は最高に幸せな気分になれる☆


自分の気持ちに正直になる

誕生日 ひとり 過ごし方

少し立ち止まって自分の心に聞いてみましょう。

わたしは本当に誰かに誕生日を祝ってもらいたいのか?

周囲への見栄や体裁のためにそう思っていただけなのか?

本心では気を使うだけの誕生日ごっこやお付き合いよりもひとりで居るほうが楽で心地いいと感じてはいないのか?

・・・答えがYESならば今すぐ無理と無駄にあふれた人間関係を整理しましょう

良い感情を抱けないSNSはキッパリ見るのをやめませんか?

付き合いだけで参加していた集まりには行くのをやめましょうよ。

夫や子供に期待するのも今日でおしまい。

要はあなた自身が楽しく輝いて生きていればいいんです

わざわざSNSで発信する必要もなければ、仲間外れにならないために無益な飲み会に参加することもないんです。

見返りを求めて尽くしては裏切られるよりあなた自身がハツラツと自分軸で生きていければ家族も周りも幸せです。

ホントは同僚との付き合いやSNSが憂鬱だったなんてことに気がついたりすることも…

だからといって、誰かと一緒に誕生日を過ごしたいと思った自分を否定するのはナンセンス。

もし心からそう思ったら、一緒に過ごせる誰かをつくる努力を今から始めればいいんですから!

いま胸がザワついた人は心からのサインを見逃さないで!


ひとりの誕生日を最高の日にする方法

誕生日 ひとり 過ごし方

あなただけの特別な1日、1年に1度だけの大切なお誕生日を充実させる方法をご提案します。

もしあなたが今まで人目ばかりを気にして過ごしてきたのであればここで感情をリセットしてみましょう

誕生日を「素敵なオトナ女子が誕生する日」と位置付けて満喫してください!

自分へご褒美をプレゼントする

あなたは毎日本当によく頑張っています。

誕生日には自分を誉めてあげてくださいね。

そして思いっきり贅沢してみるのはいかがでしょう。

今まで我慢していたハイブランドのバッグを買ってみたり、ラグジュアリーなホテルのバースデイプランを利用したりとセレブになりきってみるのもいいですね。

エステ美容院に行って頭の先からつま先まで磨き上げるも良し。

高級なお寿司屋さんやレストランホテルディナーをひとりでじっくり楽しむのも良し。

自分へのご褒美は明日への活力を与えてくれるはずです。

丸1日を思うように過ごす

好きなだけ寝る、1日中パジャマ姿でゴロゴロする、ホールケーキをまるごとひとりで食べる・・・もしかしたらそんなことがあなたにとって一番の贅沢なのかもしれません。

普段は座る暇もないくらい家事に追われている人、会社と自宅を往復するだけの無機質な生活に心が硬くなってしまっている人、そんな人には心と体がいま一番求めていることをしてあげるのが一番です。

あれはだらしない、これははしたない、などと自分を抑えつけがちなあなたにはしばりから解放してあげることも必要ですよ。

家族やパートナーがいれば事前に自分のやりたいことを話して自由に過ごせる時間を確保しましょう!

1度やってみたかった健康ランドで「お風呂・マッサージ・生ビール三昧」を実行しようかな~♪

実家に帰ってみる

両親や兄弟姉妹のいる人は実家に帰ってみるのはどうでしょう。

あなたを生み育ててくれた親御さんに改めて感謝の気持ちを伝えてみてください。

あなたが誰かにありがとうと言われると嬉しいように、ご両親だって感謝されるのは幸せなことでしょう。

以前私は母から自分の幼い頃の出来事や思い出話をしてもらい、改めて愛されて育てられたことに感謝ができました。

また兄弟や祖父母といった方たちに逢うのもいいですね!

そして幼少期を過ごした懐かしい場所を散策してみることもおすすめします。

子供の頃に通った道が驚くほど狭く感じるかもしれません。

街並みが激変していたり、商店街の人たちが年老いていることに驚くかもしれません。

きっとあなたの心をゆさぶる光景が目に飛び込んでくるのではないでしょうか。

特別なことは何もしない

普段通りに過ごすことが一番心地よいと感じるならばそうしてください。

誕生日だからといって特別なことをする必要はありません。   

お誕生日に何もしなくても記念日であることには変わりはありません。

ただ、ひとつ年を重ねた自分が次の誕生日までの1年間をどう生きていくのかということだけは内観してみてください。

来年こそは恋人や仲間と誕生日を過ごしたいと思うのならば、今から新しいコミュニティに参加して交友関係を広げてみるのもいいでしょう。

手帳を開いて自分のやりたいこと、ほしいもの、逆にやめてしまいたいことなどを書き出して心を整える時間を作ることもおすすめです。

誕生日という自分にとって節目となる日に決意したことは継続しやすいんです。

是非、自分を見つめなおす時間を作ってみてください。

今日まで生きてこられたことを感謝すると自然にこれからのことが前向きに考えられるように!

まとめ

いかがでしたか?

ひとりでいることを「寂しい」「かわいそう」と思うか「カッコイイ」「素敵」と感じるかはその人の心にかかったフィルター次第です。

あなたが本当にひとりを楽しめる人になったらきっとおひとり様を見て「輝いてるな」「充実してそう」などと感じることでしょう。

今回の記事からあなたの生き方のヒントを見つけていただければ幸いです。

スポンサーリンク