手帳

手帳2021今年はどれにする?女性におすすめの人気手帳5選!

手帳2021

予想だにしない激動の年となった2020年。

年始に立てた目標や予定がことごとくダメになり、混乱や悲しみの多い日々だった方もいらっしゃることでしょう。

そんな時でも自分の心を整え、未来への活力を与えてくれるのが「手帳」ではないかと考えています。

今回は様々なシーンで活躍する女性のみなさんへおすすめしたい2021年新作手帳5選をご紹介します!

手帳2021今年はどれにする?

手帳2021

昨年ご紹介した5つの手帳は2021年度版も更にブラッシュアップされ引き続きおすすめしたい内容に進化しています。

1年前の記事も是非参考にしてくださいね。

手帳2020今年はどれにする
手帳2020今年はどれにする?女性に人気で仕事に使えるおすすめ手帳5選! いよいよやってきました新作手帳の出そろう季節! 手帳マニアを自負するわたしにとってはワクワクが止まらない今日この頃です。 今回は...

女性は仕事・家庭・プライベートと担う役割が多くなりがち。

そんなみなさんが自分にピッタリの手帳と出会えるようこの記事ではいろんなタイプをピックアップしてみました。

ノーマルなものからあなたの固定観念を覆す珍しいものまで多様な手帳が登場しますよ!

女性におすすめしたい「使える手帳」5選!

手帳界のサラブレッド「クオバディス」

クオバディス 手帳

クオバディスの手帳について詳しくみていきましょう。

クオバディス/注目ポイント

  • スタイリッシュなデザイン
  • 基本を網羅したフォーマット
  • 上品で質の良い仕上がり

クオバディスはこんな方におすすめ

  • スケジュール管理は週単位でしている
  • 持ち物にこだわりがある
  • 予定が比較的多い

手帳好きなら誰もが知る王道ブランド「QUOVADIS(クオバディス)」

鮮やかで美しい色味と正方形の特徴的なフォルムからなるお洒落なルックスもさることながら手帳本来の使い勝手の良さと質の高さにも定評があります。

クオバディス 手帳
フォントもおしゃれ!

基本構成は2ページで1週間を見渡せる週間バーチカル形式。

この中にたっぷりとメモ欄が配置され、前後の月間カレンダーも印字されているのでスケジュールやタスクを書き出すのにも大変便利です。

ビジネスシーンで人前に手帳を出す機会が多い女性には特におすすめの上品で洗練された一品です。


クオバディスの口コミ

クオバディスの口コミをみていきましょう。

目からウロコ!「ラコニック」

ラコニック 手帳 2021年 スティック ウィークリー

ラコニックの手帳について詳しくみていきましょう。

ラコニック/注目ポイント

  • とにかく省スペース
  • 余計なものをそぎ落としたミニマム性
  • 斬新なデザイン

ラコニックはこんな方におすすめ

  • スケジュールはデジタル管理がメイン
  • かさばる手帳は持ちたくない
  • 予定をざっくり把握したい

ひと目見たら忘れられないのが「LACONIC(ラコニック)」のスティックダイアリー。

その名の通り細長い横型の面白い形をしています。
ラコニック 手帳

日々のページは見開き1週間のブロックタイプ、月間ページはガントチャート形式というたったふたつの簡易構成が逆に魅力です。

チームで共有するデジタル管理スケジュールの補助として、自分オンリーの予定をこの手帳にピックアップしておけば便利そうですね。

スリムな形状はパソコンの手前に広げてそのまま作業が出来るので、常に予定が目に入ります。

アナログ手帳派の多くは月間のブロックページに決まった予定を書き込むことにしか使っていないという現状からいくと、あなたのスケジュール管理もこの内容で十分なのかもしれません。

ならば無駄に大きくて分厚い手帳を持ち歩くより、コンパクトでシンプルなこのスティック手帳を活用すれば小さなバッグにも収まってすごく便利ですよ。

ラコニック

ラコニックの口コミ

ラコニックの口コミをみていきましょう。

工夫に脱帽!「モーメントプランナー」

モーメントプランナー

モーメントプランナー/注目ポイント

  • 年・月・週が俯瞰できる一覧性
  • 使いやすさへの情熱とこだわり
  • どんな立場のユーザーにも便利

モーメントプランナーはこんな方におすすめ

  • 長期プロジェクトを管理したい
  • 目標達成に向けて手帳を使いたい
  • 機能性の高い手帳を探していた

開発したスタッフの並々ならぬ情熱や努力が伝わってくる工夫とアイデアの結晶「モーメントプランナー」。

日々のページに記入する際、月間ページをめくったり、年間ページにさかのぼったりしながら予定を組んでいくことってすごく多いですよね?

このわずらわしさを一気に解消してくれるのがモーメントプランナー独自の「折込構造」

モーメントプランナー おすすめ
「年・月・日」がひと目で見渡せる究極のフォーマットは感動すらおぼえます。

「長期プロジェクト管理」「資格試験合格」「ダイエット成功」など目標とするものがある人には達成期日から逆算して日々の行動へとスムーズに落とし込んでいけるこの手帳は最適です。

「こんな手帳があったら便利なのになぁ」の代表格を見事に実現してくれたモーメントプランナーは使ってみる価値アリです!


モーメントプランナーの口コミ

縦横自由に使えます!「ブラウニー」

ブラウニー手帳

ブラウニー/注目ポイント

  • ブロック派にもバーチカル派にも使えるレイアウト
  • 紙や製本へのこだわり
  • 自由度の高い汎用性

ブラウニーはこんな方におすすめ

  • コンパクトな手帳が好き
  • フリーにさくさく記入したい
  • 仕事にもプライベートにも使いたい

こちらもユニークなアイデア満載の「ブラウニー手帳」。

2014年の誕生以来ジワジワとファンを増やし続けているこの手帳には、縦にしても横にしても使えるという驚きの機能があるんです。

縦に使ってバーチカル式の細かな時間管理をするもよし、横に使ってレフト式に記入してもよし、方眼のラインを利用して自分独自のレイアウトを作り出すもよし。

とにかく自由度が高くて使いやすいフォーマットになっています。

書きやすさを追求した用紙「パスピエクリーム」を糸かがり製本で仕上げることで、書き心地が良くてフラットに開く手帳が完成しました。

コンパクトで持ち運びに便利なA6(文庫本)サイズに加え、2016年からはひとまわり大きなA5スリムサイズも登場していますよ。


ブラウニーの口コミ

敢えて言おう!「ほぼ日手帳day-free」

ほぼ日手帳デイフリー

day-free(デイフリー)/注目ポイント

  • 月間カレンダーと方眼ノートのシンプル構成
  • レギュラー商品よりかなり薄くて軽量
  • 無限のカスタム性

day-free(デイフリー)はこんな方におすすめ

  • 手帳の空白ページが嫌い
  • 書きたい日とそうでない日に波がある
  • 何かに特化した手帳をつくりたい

いわずと知れた日本を代表する人気商品「ほぼ日手帳」

多くのラインナップの中から敢えて今回おすすめしたいのが「day-free(デイフリー)」です。

「1日1ページ」形式の手帳を世に知らしめたパイオニアであるほぼ日手帳の中で、この「デイフリー」だけは日付が入っていない異色の中身が特徴です。

予定管理をするスペースは冒頭にある月間ブロックページのみ。

そのあとに続く方眼ノートはバレットジャーナル的に自分オリジナルのフォーマットを作ってみたり、推しているスポーツチームやタレントの情報のみを集めていったり、旅行や映画鑑賞といった趣味の記録に特化したスクラップブックにしてみたり・・・

と、自分がいちから作り上げる素敵な手帳の原石が「デイフリー」なんです。

day-free(デイフリー)ほぼ日手帳

わたし自身、何度かほぼ日手帳を使った年があり、製本や紙質の良さをとても気に入っているのですが、「1日1ページ」のプレッシャーに負けてしまって継続使用には至りませんでした。

手帳に空白のページがあっても何ら問題はないのですが、個人的には隙間なく美しい手帳に仕上げたい願望があって、当時は楽しさより義務感でページを埋めていました。

でも、このデイフリーならページを割いて書きたいことを書きたいだけ表現したり、気分が乗ったときにはガンガン書いて、気が向かなければしばらく書かないといった選択が出来るんですよね。

日付の呪縛から解放されるんです。

毎年発売されるデザイン豊富で機能性も兼ね備えた素敵な手帳カバーもほぼ日手帳の大きな魅力でそのカスタム性は無限に広がります。

ほぼ日が好きなんだけどいまひとつ使いこなせなかった経験がある人には特に試してほしい「デイフリー」です。


ほぼ日手帳デイフリー口コミ

まとめ

以前の記事でもお話しましたが今回も30年来のシステム手帳愛好家に詳しく話を聞いてみました。

全ての情報が一元化できて年度をまたいでも引き継いでいける点から今後もシステム手帳一択で邁進する予定ですが、手帳好きの性から毎年数冊の閉じ手帳を購入しては別用途で活用しています。

2021年は最後にご紹介したほぼ日手帳デイフリー(カズンサイズ)をサブ手帳として使っていく予定です。

カバーのデザインに魅了されて購入しましたが、ながめているだけでも幸せな気分になって、来年を待たずに早速書いて楽しんでいます。

(日付がないからスタート時期も自由です!)

手帳は予定を記入するだけのメモ帳ではありません。

あなたの日々を輝かせ、過去を彩り、未来を切り開いていく重要なツールです。

これぞ!と感じたあなたらしい1冊をたずさえて2021年をスタートしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク