健康・ダイエット

オートファジーダイエット法は効果ある?やり方やデメリットは?

オートファジーダイエット効果

ダイエット = 辛い、苦しい、続かない・・・

というイメージがあるのは食べ物のカロリーや量を制限することがストレスになっているからですよね?

今回は食べる「量」ではなく「タイミング」を工夫するだけでスリムかつ健康な体作りができる「オートファジーダイエット」について詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク



オートファジーとは

オートファジーとは簡単に言うと「細胞が生まれ変わるシステム」のこと。

近年の研究で、病気や老化に深い関わりがあるということがわかっています。

細胞内にあるたんぱく質から余計なものを取り除いて、新しく生まれ変わらせるという仕組み。

MOKO
MOKO
つまり体の中のゴミ掃除とリサイクル活動をやってくれるシステム

その素晴らしい機能「オートファジー」が発動するのは空腹状態の時なんです。

具体的には食後16時間経った頃にオートファジーが最も活発に機能すると言われています。

体の細胞が飢餓状態になった時に威力を発揮するオートファジーシステムは、体を若々しくそして免疫力も上がり病気になりにくくなるんです!

オートファジーダイエットはどんな効果がある?

オートファジーの仕組みを利用したダイエット法が話題になっていますが、その理由をみていきましょう。

1.内臓機能活性化

食後、食べ物を消化し老廃物を排出するためには12時間ほどかかります。

1日3食生活だと前回の食事をようやく消化したばかりのタイミングや処理しきれていない時に次の食べ物が入って来てしまい、内臓が全く休めない悪循環が続くことになります。

疲弊した胃腸や肝臓などは機能が衰え

  • 栄養吸収の低下
  • 老廃物の残留
  • 腸内環境悪化
  • 活性酸素の発生

といった状態を常に作っていることになります。

病気はもちろんのこと、体調がすぐれない、謎の頭痛や吐き気が続くといった体の変調も食べ過ぎが一因なのかもしれません。

2.ダイエット効果

人間が活動するためのエネルギー源には優先的に使われる順番があり、

  • 食事から摂った糖質
  • 肝臓に蓄えられていたグリコーゲン(食後10時間以降)
  • 過去に蓄積されていた脂肪(食後16時間以降)

となっています。

つまり、1日3回ひっきりなしに食べていたのではため込んできた脂肪が使われることはなくいつまで経っても痩せられません。

3.病気予防

オートファジーが発動されるきっかけは飢餓状態がお訪ずれ「体がピンチだ!」と感じた時です。

細胞内の古いたんぱく質を除去し新鮮な細胞を作り出すオートファジーシステム。

空腹が続いて危機感をおぼえることによって、体内にあるものでたんぱく質を作り出そうとします。

こうして細胞が内側から生まれ変わると

  • 生活習慣病(がん・糖尿病など)
  • アルツハイマー型認知症
  • 感染症

といった病気を予防するとともに、高い老化防止効果があると医学的にも考えられています。

スポンサーリンク



オートファジーダイエットのやり方

オートファジーダイエット効果

オートファジーダイエット方法は簡単!

オートファジーダイエットの鉄則はただひとつだけ。

MOKO
MOKO
「1日の中で食事をとらない時間を16時間つくる」こと。

これさえ守れば基本、食べる内容や量にしばりはなく、運動も必須ではありません。

食事のタイミングも16時間の空腹時間さえ確保していればどこを抜こうと、どこで食べようと自由です。

一般的には、朝食を抜いて「夕食~昼食」までに16時間を確保すると睡眠時間が含まれることで空腹を感じる時間が少なくて済むためこの方法がスタンダードになっています。

MOKO
MOKO
私もほぼこのパターンです!

長年、朝ごはんは食べない生活で夜は9時までには夕ご飯を済ませて、お昼の12時過ぎまでは飲み物だけの日がほとんど。

「オートファジー」という言葉は知らなかったのですが、体重がそんなに変化なくいられるのは、もしかしてこのおかげかも知れません。

新たな食生活のリズムは1週間もすると馴染んできます。

どうしても空腹が辛い場合には少量で腹持ちが良い上に栄養価も高いナッツやバターコーヒーなどを取り入れながら徐々に体を慣らしていきましょう。

プロテインを飲む習慣がある人は、あくまで食事ととらえて摂取するのであればOKです。

空腹の16時間内は避け、体を大きくしたい人向けのホエイプロテインよりも満腹感が持続しやすいソイプロテインを選ぶと良いでしょう。

オートファジーダイエットのデメリットはある?

オートファジーダイエットデメリット

オートファジーダイエットにデメリットはあるのでしょうか?

オートファジーダイエットは、過度な暴飲暴食をしない限り確実に減量できる画期的なダイエット法だと言えます。

デメリットをあげるとするならば、運動なしで取り組んだ場合だと体重は落ちますが同時に筋肉も減少し代謝が悪くなる可能性もあるということでしょう。

オートファジー機能をダイエットに活用すれば運動をしなくても結果は出ますが、軽い運動を取り入れることでより高い効果と健康が得られます。

また私が感じるのは、午前中は空腹状態のまま飲み物だけで過ごすので、トイレが近い!ということ。

「朝は排泄の時間」といわれ体に溜まった老廃物を出すと老化防止にもなるので、体には良いことですけどね!

スポンサーリンク



まとめ

日本には「1日3食神話」を幼い頃から刷り込まれ、食べないことは不健康と思っている人が多いみたいですよね。

ちょっとだけ見方を変えて、ダイエットはもとより健康にも美容にも絶大な効果のあるオートファジーをあなたの生活にも上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

慣れてしまえば、とっても体に良いダイエット法ですよ!