健康・ダイエット

ジュースクレンズとは?ダイエット効果も!やり方や回復食について

ジュースクレンズ ダイエット

タレントのローラさんや世界のセレブたちがこぞって実践したことで話題になった「ジュースクレンズ」。

あなたはもう試してみましたか?

今回はダイエットやデトックス効果抜群のジュースクレンズについて詳しくご紹介していきます!

ジュースクレンズとは?

ジュースクレンズ ダイエット

クレンズとは「洗浄」という意味ですが、ジュースクレンズの場合には「整腸」と訳すとしっくりきます。

つまりジュースで腸を整える」のがジュースクレンズです。

毎日をせわしなく過ごすわたしたちの体はバランスの悪い食生活や添加物の摂取、日々のストレスなどによって疲弊しています。

また、食べ物を消化する作業というのは胃腸にとってはとんでもない重労働です。

ひっきりなしにやってくる食事やおやつ、アルコールなどの後始末を寝ている間にも行わなければならない消化器官は悲鳴を上げていると言っても良いでしょう。

体内がこんな状態では毒素を排出する力は弱まり、必要な栄養素をしっかり吸収するという本来の役割も果たせなくなってしまいます。

そこでおすすめなのがジュースクレンズによるファスティングです。

一切の食を断って水だけで過ごす断食とは違い、ジュースクレンズファスティングとは基本、固形物さえ口にしなければOKというもの。

ファスティング期間中に取り入れる液体の栄養素がヘルシーでオーガニックなものほど効果が高いため、ジュースクレンズでは「コールドプレスジュース」が採用されています。

コールドプレスジュースとは?

ジュースクレンズ コールドプレス

コールドプレスジュースとは、材料に熱を加えずに強い圧力をかけてすりつぶして絞ったジュースのことで、スロージュースやロージュースとも呼ばれます。

ジューサーにはその回転方式によって「高速式」・「遠心分離式」と「低温低圧圧縮方式」に分かれます。

一般的な高速式や遠心分離式のジューサーでは、素材同士が摩擦することで熱を持ち、食材の持つビタミンや酵素などの栄養素が失われてしまいます。

その点、刃をゆっくりと回転させる低温低圧圧縮方式のスロージューサーだと栄養素がしっかり残ったジュースが作れるというわけです。

ちなみに、生のフルーツを食べた場合には消化時間に3~5時間、栄養素の吸収率は17%ほどですが、コールドプレスジュースにすると消化はわずか10~15分で行われ、吸収率も65%と効率が良く胃腸に優しい食品になります。

野菜や果物はコールドプレスジュースにすると格段に体に良いものになるんです。

ジュースクレンズはダイエット効果も期待できる

ジュースクレンズ ダイエット

ジュースクレンズはダイエットにも高い効果を発揮します。

ただし日本ではファスティング=断食=ダイエット、という認識がまだまだ根強いようですが「簡単にヤセられる!」と誤解して安易に取り組むと体調を崩したり、リバウンドを招いたりしますので注意してください。

ファスティングとは本来、胃腸を休ませることで体内をリフレッシュし正常な機能を取り戻すことが目的。

海外では「メスのいらない手術」と称されるように体調を整えるいわば「治療」に近い手法です。

この部分をしっかりと理解した上で正しいジュースクレンズを行えば、ダイエットはもちろん様々な嬉しい変化を実感できるでしう。

ジュースクレンズによる効果

ジュースクレンズするとどんな効果があるのでしょうか?

  • 美肌

デトックス効果によって生きた酵素やビタミンが吸収されやすくなることで肌や髪の毛が美しくなる

  • アレルギー

腸内環境が整うことで免疫機能が改善されアレルギーが発症しにくくなる

  • 肩こりや腰痛
  • 冷え性やむくみ

消化活動の為に胃腸に集中していた血液が体内にいきわたることで血行が促進されコリや傷みが和らぎ、冷えやむくみも改善される

  • 女性特有の不調
  • 不眠

代謝ホルモン・睡眠ホルモン・女性ホルモンといったホルモン系の分泌が高まり、不調や障害が軽減されていく

  • 便秘や下痢

腸内細菌が活発に働き、お通じの状態が正常になっていく

ジュースクレンズのダイエット方法!

日常生活でも取り組みやすいダイエット法を紹介!

厳しいルールがあるわけではありません。

基本は3食をコールドプレスジュースに置き換えることと、合間にたっぷりと水分補給をすること。

この場合の水分は常温のミネラルウォーターや白湯、ノンカフェインのハーブティーなどがいいでしょう。

期間は1~3日間がおすすめ。

どうしても丸1日何も食べないことが無理な場合は、夕食だけをコールドプレスジュースに置き換えることでも消化器官はかなり休まります。

時間があるならジュースは手作りしてもOK。

ジューススタンドで販売されているコールドプレスジュースは素材や量によって値段はさまざまです。

お手頃なものでも小さいカップで300円程度、高額なものではLサイズが1000円以上するものまであります。

3食全てを置き換えるにはちょっと躊躇してしまいそうなお値段ですね…

そんな場合は手作りするのもいいですね。

専用ミキサーを購入すれば自宅でも好きな素材を使って新鮮なジュースが絞れます。

また手間や価格のことを考慮すると、ネットなどで販売されている「ジュースクレンズファスティング専用キット」を購入するのも賢いやり方です。

忙しい朝や購入出来るお店がない時はジュースクレンズファスティング専用キットがあればストレスなくダイエットに取り組めます。

最も効果的な方法を指導してくれるので、それに添って実践していけば一番効率的な方法かもしれません。

ご自分のライフスタイルに合わせて上手にジュースを選びながら試してみてください。

ジュースクレンズダイエット後の回復食は?

ジュースクレンズ ダイエット 回復食

一番重要な回復期のお話をしていきましょう。

ファスティングする上で食を断っている期間はいわば前座であって、本番はその後の回復期といっても過言ではありません。

これはジュースクレンズにおいても例外ではありません。

回復期って何日くらい?

ジュースクレンズに取り組む期間と回復期は同じ日数を目安にしてください。

3日間実施した後には3日間の回復期が必要です。

ファスティング前の1~2日はなるべく脂質の少ない食事を普段より抑えた量で食べることを心がけ水分も多めに補給しておきます。

ジュースクレンズ直前までいつも通りの食生活をしていると、翌日に食事が入ってこない状態を体が危機だととらえて、脂肪を貯め込む方向へと体内モードを切り替えてしまいます。

準備期に食事を調整しておくことで痩せやすい体を作っておくのは重要です。

回復食は何がいいの?

ファスティング後は空腹と開放感から思う存分食べたくなりますが、いきなり普通食を摂るのは絶対にNGです!

数日間休んでいた胃腸に負担をかけてしまうのは勿論のこと、飢餓状態の体に大量のカロリーを投入するといつも以上に脂肪を蓄積しようとしてしまい、せっかくの苦労は水の泡になってしまいます。

回復期には3段階を目安に徐々に普通食に戻していきましょう。

  1. 具無しのスープやお味噌汁、スムージーなど液状のもの
  2. おかゆや雑炊、お豆腐など柔らかいもの
  3. うどんやそばなど薄味で脂肪の少ない固形物

回復期が一番体重が落ちる瞬間です!

ここを上手に過ごせばその後数日間に更にスムーズに減量できます。

食事をジュースに置き換えている期間よりも回復期の方がツライという方も多いようですが、体にとってもダイエットにとっても最重要期間ですので頑張りましょう!

まとめ

ジュースクレンズ、やりたくなってきましたか?

わたしも定期的に実施して体調を整えるようにしています。

わかっていてもズルズル抜けられない負のループを断ち切ってくれるのもファスティングの素晴らしいところです。

体内を洗浄してリフレッシュするとともに、良くない生活習慣や食事内容を見直すことであなたのライフスタイルも大きく変化していくでしょう。

ジュースクレンズ、ぜひ一度挑戦してみてくださいね!