健康・ダイエット

睡眠不足が太る原因に?ダイエット中は睡眠が大事な3つの理由

睡眠不足 太る

今回は、ダイエット中の睡眠について調べてみたいと思います。

ダイエットをすることは、健康管理の上でもとても大切なことですよね。

ダイエットについて調べてみると、日ごろの睡眠と非常に関係があることがわかりました。

睡眠不足が太る原因に繋がってしまうことや睡眠がダイエットに大事な3つの理由、良い睡眠を得るための食事についても紹介していきたいと思います。

ダイエットに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

睡眠不足が太る原因に?!

睡眠不足が太る原因に

ダイエット中の寝不足は太る原因になるそうです。

MOKO
MOKO
寝不足だと逆に痩せるような気がしていました!

では、どうしてダイエットには睡眠不足が大敵となってしまうのか、3つの理由を紹介していきましょう!

食欲ホルモン

まず1つ目の理由は、睡眠と食欲のホルモンにはとても深い関係があるからです。

食欲のホルモンには2つの種類があり、それはグレリンレプチンです。

グレリンは食欲を増進させる作用があり、レプチンには食欲を抑える作用があります。

スタンフォード大学医学部の調査によると、日頃8時間しっかり睡眠を取る人に比べて5時間しか睡眠を取らない人は、グレリンが増加しレプチンが減少する、という結果が発表されています。

つまり、睡眠時間が少ないと食欲を増進させてしまうホルモンが増えてしまう…ということになるのです。

しっかり睡眠を取り、食欲を抑えてくれるホルモンを増やしてあげましょう!

脂肪が蓄積

次に2つ目の理由を紹介したいと思います。

睡眠不足というのは身体にとって、決して安全な状態ではありません。

そのため、脳が身体を守ろうという働きを起こし脂肪を蓄えようと指示を与えます。

これは、急激なダイエットをしたときにリバウンドしやすい身体になることと同じ理由です。

身体を休めていても、エネルギーは消費状態にあります。

エネルギーを少しでも蓄えようとしてエネルギーを節約し、どんどん脂肪を蓄えやすい体質となってしまいます。

MOKO
MOKO
運動をしてもエネルギーが消費しづらい身体となってしまうのね

睡眠不足→エネルギーが消費されない→脂肪が蓄積されていく、というダイエット中には最悪の悪循環を招いてしまうこととなります。

成長ホルモン

成長ホルモンが低下してしまうことが3つ目の原因です。

成長ホルモンと聞くと、中高生の成長期にしか関係ない!と思われてしまうかもしれませんが、成長が終わった大人も関係のあるホルモンなのです。

成長ホルモンは、炭水化物や脂肪を燃焼させやすくしてくれる働きがあり、この成長ホルモンは睡眠中に分泌されるホルモンです。

成長期にあたる子ども時代は身長を伸ばす大切なホルモンですが、大人になると体内でエネルギーを作り出す代謝に大きな関わりがあるホルモンです。

睡眠不足になると、この成長ホルモンの働きを妨げることとなり太りやすい体質となってしまうのです。

成長期のダイエットは禁物!と言われるのはこのことも大きな理由の1つです。

スポンサーリンク

ダイエット中は睡眠が大事な3つの理由

睡眠不足 太る

ダイエット中の睡眠不足が太る原因となってしまう3つの理由は前項で紹介しましたが、いかがでしたか?

次に睡眠がダイエットに大事な理由を3つ紹介していきたいと思います。

食欲を抑制

まず、1つ目の理由は食欲が抑えられることです。

食欲は、ダイエットには大敵です。この食欲を睡眠中は抑えることができるです。

前項でも紹介したように食欲には2つのホルモンが関係しており、睡眠中はこのホルモンバランスを整えてくれます。

なかなか睡眠時間を確保することができない…という場合もあると思います。

そんなときは、30分でも通常より睡眠時間を増やすだけでも効果を期待することができますよ。

胃腸の働きを整える

次に2つ目の理由を紹介していきたいと思います。

睡眠中は自律神経を整え、胃腸の働きを活発にさせてくれます。

胃腸の働きを活発にさせてあげると、余計な脂肪がたまりにくくなり、消費エネルギーが増え代謝を上げる、嬉しい効果があります。

さらに、ダイエット中には不可欠な便通も良くしてくれるのです。

逆に胃腸の働きが悪くなってしまうと、食べたものを十分に消化することができなくなり、不要なエネルギーまで体に溜め込んでしまうようになってしまいます。

胃腸の働きを良くしてあげるためにも、睡眠が必要というわけです。

疲労回復で活動力UP

最後に3つ目の理由を紹介していきましょう。

これは、ダイエットに限らず日々の生活の中でも大切なことなのですが疲労回復のためにも睡眠は必要です。

疲れがたまっていると日中の活動量が減り、どうしても動かずに済む方を選んでしまいます。

例えば、1駅歩けば済むところを電車やバスに乗ってしまう…運動するつもりだったけど明日からにしよう…という感じです。

私も思い当たることが多く、反省点です。皆さんはいかがでしょうか?

これも睡眠不足が原因によるものなのです。

MOKO
MOKO
日頃の活動的な毎日のためにも、睡眠は大切!

スポンサーリンク

良い睡眠のための食事とは

良い睡眠のための食事

忙しい毎日を送っている現代人の私たちにとって、常に良い質の睡眠を取ることは困難ですよね…

そこで、毎日の食事を見直して良い睡眠を取ろう!ということで良い睡眠を取るための食事方法を紹介していきたいと思います。

まず、夕食は睡眠時間の3時間前までに頂くようにしましょう!

食事の直後は胃腸が活発に働いているため、身体が活動状態にありぐっすりと眠ることができません。

胃腸の働きが落ち着くまでには2~3時間かかると言われています。

そのため、ぐっすりと眠るためには3時間前に食事をする必要があります。

では、どのような食べ物が睡眠に良いのでしょうか?

MOKO
MOKO
さっそく、見てみましょう!

まず、睡眠中に目を覚ましやすい人におススメの食べ物はビタミンCが多く含まれている食材です。

  • ピーマンやレタスなどの葉野菜
  • いちご
  • 柑橘類
  • パパイヤ

などがおススメです。

夕食のサラダにしたり、デザートに取り入れたりしてみるのはいかがでしょうか?

次に、睡眠を深くしてくれる食べ物を紹介していきましょう。

睡眠を深くするためには、カリウムが含まれている食材がおススメです。

カリウムが多く含まれている食材には、

  • バナナ
  • アボカド
  • ブロッコリー
  • ブラウンマッシュルーム

などがあります。

MOKO
MOKO
どれも夕食に取り入れることのできるものばかりですよね。

ぜひ3時間前に食事をとり、ぐっすりと眠れる毎日を送りましょう!

まとめ

今回は、ダイエット中の睡眠不足が適していない理由と睡眠を取ることにより得ることのできる効果、良い睡眠を取るための食事について紹介してみましたがいかがでしたか?

睡眠不足はダイエットに大敵だということがわかりましたが、日々の健康的な生活をおくるためにも必要不可欠だということも間違いありません。

短い時間でも質の良い睡眠を取ることのできるよう、お互いに努力してみましょう!