手帳

手帳を綺麗に書きたい!コツやルールは?簡単なアレンジ法やグッズを紹介!

 手帳 綺麗 書く

2020年も瞬く間に時は流れ春を迎えました。

店頭の「4月スタート版手帳」の売れ行きも好調のようですが、1月から新しい手帳を使い始めたあなたはしっかりと継続できていますか?

もしかしたら年初に立てた目標や意識が薄れかけてはいませんか?

今回は手帳を綺麗に楽しく書いていくコツについてご紹介しますので是非参考にしてみて下さいね。

手帳を綺麗に書きたい!コツやルールは?

手帳 綺麗に書く

手帳に対するモチベーションが下がってしまい途中で挫折してしまう原因は主に2つあると思われます。

ひとつは「見た目が綺麗に書けなかった」、もうひとつは「書くことがなくて空白のページがある」というもの。

このハードルさえクリアすればだれでも気持ちよく手帳を使いこなせるんです。

それには自分なりのちょっとしたルールを設けることが大切です。

色分けで見やすく

見た目をスッキリと綺麗に整えたければ、3色以内に色分けした記入法がおすすめです。

1色で統一して書き込めばシンプルではありますが、視覚的に訴えるものが乏しく感覚でスケジュールを把握することが難しくなります。

文字やスタンプの色分けを自分なりに決めて「黒=仕事/青=プライベート」や「黒=自分/青=家族/赤=記念日」など年間を通してルールどおりに書き込んでいけばパッと見ただけで現状がつかみやすくなります。

MOKO
MOKO
「今月は仕事が忙しいな」とか「今週は家族の予定が3つあるわ」など瞬時にとらえやすくなりますよ☆
これは1か月をカレンダー形式に表示しているマンスリーページはもちろん、週間ページもしくは日々のページなどより詳細にスケジュールを記載するページでも同じ書き方を採用してくださいね。

この基本を守るだけでも手帳は格段に見やすく綺麗に維持できます。

色分けのルールはこちらの記事も参考にしてみてください↓

手帳 書き方 色分け
手帳の書き方をおしゃれで可愛くするコツ!色分け3色ルールとは? SNSを覗けばおしゃれで手の込んだ素敵な手帳があふれんばかりに投稿されています。 そういう手帳に憧れる反面「わたしにはあんなこと出...

ふせんやマステの活用

せっかく綺麗に書き込んだ予定も変更が入ると書き直しが生じて汚くなってしまうことはよくありますよね。

最近はボールペンやスタンプにも消せるタイプが登場していてとても便利ですが、書き直す手間も省けるのが「ふせん」や記入できるタイプの「マスキングテープ」を活用する方法です。

スケジュールがはいった時点でふせんやマステに内容を記入して該当の日に貼っておきます。

これで、日程変更があってもふせんやマステを張り替えるだけで手帳そのものは一切汚れません

手帳によってはマンスリー枠のサイズぴったりに作られた専用のふせんが販売されていたり、市販品にもさまざまな手帳用のふせんやマステがありますので、自分の手帳に合ったサイズやデザインを見つけて活用すれば、消したり書いたりという手間や書き直しで汚くなってしまうリスクもなくなります。

MOKO
MOKO
ふせんにタスクを書いて貼り付けておいて、実行できたら剥がしていくのも達成感があってオススメですよ♪
これらの場合も色分けは3色程度にとどめて見やすさも考慮してくださいね。

空白ページは自分らしく

手帳上級者になると自分にあった手帳タイプと書く内容がしっかり固まっていますが、そうでない場合だといろいろな手帳をかじったり、書き方や内容がしっくりこなかったりと迷いが生じます。

すると、だんだん書きたくなくなって空白のページが目立つようになってしまいますよね。

何も書いていないページがあっても全く問題ないのですが、それがストレスやプレッシャーになってしまう人には2つの解決法があります。

ひとつは余分なページのない手帳を選ぶこと。

いつ何をするかを把握すればいいだけの人は思い切って月間予定だけを記録するマンスリーのみの手帳に切り替えてしまいましょう。

やたらと凝った手帳が注目を浴びて憧れてしまいがちですが、人には得手不得手もありますし、手帳を使う目的もひとそれぞれ

みんなのように上手に手帳を使えない・・・と落ち込む前に自分にあったタイプの手帳を選ぶことがまずは肝心です。

もうひとつの方法は空白のページをどう使うかあらかじめ決めておくというやり方。

前もってお気に入りのファッションや行きたいお店の写真や記事を切り抜いておいて空白のページに貼ることにしたり、映画や読書の感想を記録するためのページにしたりと、はじめから空いたスペースを埋めるネタを決めておけば、後々見返しても楽しめる手帳に生まれ変わります。

手帳を綺麗に書くアレンジ法

手帳 綺麗 書く

冒頭からお話しているように、スケジュールを見やすく綺麗に管理するには3色以内で記入しておくと視覚的にもとらえやすく見た目もスッキリします。

もし女性らしいさやオリジナリティを加えたい場合は枠外にシールやマステを貼って遊びを加えるだけでぐっと華やかになります。

また、筆記具にこだわるのも大事です。

同じ人が書いた文字でも筆記具や色によって印象がガラリと変わりますし、書いている本人も書き心地が良ければ筆も滑らかになり気分よく手帳を使えます。

ここ10年ほどで手帳ブームがどんどん加速したことで、専用の極細ヘッドや裏抜けしにくいインクなどペンも急速に進化し、周辺グッズも様々なものが登場しています。

MOKO
MOKO
実店舗のサンプルコーナーで手に取って確かめてみるのもいいですね
自分らしいアイテムを探すだけでも楽しめるので是非いろいろとリサーチしてみて下さいね。

手帳を綺麗にみせるお役立ちグッズ

誰もが簡単に使えて、一瞬で手帳がオシャレになるグッズをご紹介します!

できごとを綴るふせん「暮らしのキロク」

テーマにちなんだ27種類から趣味・実用性・備忘録など自分にあったものを選んで記入し貼り付けていけばただのノートでも立派な手帳に早変わりする便利でかわいいふせんが「暮らしのキロク」です。

それぞれ凝ったデザインなので貼るだけで様になり、あなたの手帳のオシャレ度もアップするはず。

手持ちの手帳に使えるのはもちろん、専用の「暮らしのキロクノート」を活用するのも楽しそうです。

可愛くて優れもの「フェリシモ猫部トーク手帳シール」

通販でおなじみのフェリシモ。手帳関連グッズのラインナップも豊富です。

キュートなものからシンプルなデザインまで好みで選べるスタンプやあらかじめカットしてあるマスキングテープ、貼ったあとにもキレイに剥がせるシールなどが人気を集めています。

中でも猫好きさんから絶大なる人気を誇るプロジェクト「フェリシモ猫部」から生まれた「猫部トーク手帳シール」は秀逸です。

MOKO
MOKO
このシールは可愛いだけじゃなく他にはない手帳になじむデザインなんですよ☆

書くのに邪魔にならない薄い素材に描かれた猫たちはユニークでオリジナリティ抜群!

思わずニヤけてしまう猫の愛らしさに加えて手帳用のシールとしても用途の豊富なデザインになっています。

猫柄のインデックスもセットになっていてこちらも可愛くて便利です。

フェリシモ猫部↓

https://www.nekobu.com/blog/2018/06/post-1749.html

オリジナル手帳シールが作れる「ひより」

ラベルプリンター「テプラ」でおなじみのキングジム。

そのノウハウがギュッと詰まった「ひより」は、何と自分だけの手帳用シールが作れるマシンです。

柄や文字の組み合わせでオリジナルシールが作れるのはもちろん、個々の手帳の枠幅にピタリと合うシールが簡単に作れます。

手帳 綺麗に書くコツ

スケジュール管理にありがちな数日間にまたいだ予定などにも対応できて本当に使い勝手の良い仕様なんです。

これを使えば手帳が綺麗にならないわけがありません!

個性的でオシャレな手帳を作るならぜひ「ひより」を取り入れるのもいいですね。

まとめ

あなたに使っていただけそうなアイデアはあったでしょうか?

手帳を自分のものにするにはトライ&エラーの繰り返し以外に道はありません。

ピンときた方法があれば1度試してみてください。

様々な中から取捨選択し、馴染むものがあればそれがあなたに合ったスタイルです。

あなたが満足できる手帳を作っていってくださいね。

スポンサーリンク